「パラサイト 半地下の家族」|女優チョ・ヨジョン|ついに花開く!

見ているだけで清らかな人だと思った」と、ポン・ジュノ監督はキャスティングをした時の心境を語っています。

10代のころから目鼻立ちがきれいだったチョ・ヨジョンさん。
「学生時代には男子生徒から告白されたこともあった。」とKBSのバラエティー番組『ハッピートゥギャザー3』で話をしていました。


<写真引用:KBS>
同番組で公開された高校の卒業写真。

当時から美人さんだったんですね。(^^♪

そんな、彼女、16歳の時に、ファッション雑誌「CeCi」でモデルデビューをしますが、「パラサイト」までの道のりは順風満帆だったわけではありません。

彼女はどのように、この業界の道を進んできたのか、また、今後の展開はどうなるのか、まとめてみました。


「パラサイト半地下の家族」
を無料視聴するには

スポンサー

女優、チョ・ヨジョンさんのプロフィール

プロフィール

生年月日 1981年2月10日
国籍 韓国
出生地 韓国、ソウル特別市
家族 1男3女の二番目
身長 163cm、体重45kg
血液型 AB型
学歴 東国大学校の映像大学院公演芸術学卒
職業 女優、モデル
趣味 料理(特にスパゲティを作ること)
特技 歌、ピアノ

主な受賞歴

2019年 「パラサイト 半地下の家族」関連
第40回青龍映画賞 – 主演女優賞
・第24回春史大賞映画祭 – 主演女優賞
・ニューメキシコ映画批評家協会 – 最優秀助演女優賞/最優秀アンサンブル賞
シアトル映画批評家協会 – 最優秀アンサンブル賞
2020年 「パラサイト 半地下の家族」関連
第26回全米映画俳優組合賞 – 映画部門 最優秀キャスト賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

조여정 Cho Yeo Jeong(@lightyears81)がシェアした投稿


チョ・ヨジョンさんの経歴

彼女は1997年にファッション雑誌「CeCi」のモデルとして、歩み始めます。16歳の時です。

1999年からドラマでの熱演にも関わらず、大きく注目されることはありませんでした。

好機が訪れたのは2005年、韓国人としてメジャーリーガーで活躍し、人気を博していた、パク・チャノ選手。
彼が先発登板するたびに、彼女がイメージキャラクターであったタオル会社のCMが流れ、「勝利の女神」と呼ばれていた。

しかし、彼女は演技を認められたい、このままではイメージだけが先行してしまう、と不安に思い始めました。
これを機に彼女は、演技に対する情熱がさらに大きくなっていきます。

スポンサー

初の主役に抜擢!しかし…

ドラマ『フンブの家運が開けたね』や『愛情の条件』、また、映画『吸血刑事ナ・ドヨル』などで頑張っていたものの、これといった作品に巡り合わず。

そこに、ドラマデビューしてから7年。2006年にMBC日々ドラマの『どれほど良きなの』で、チョ・ヨジョンさん、初の主役の座をゲット!

こことぞばかり奮起しその実力を見せつけるが、好評価を受けていたにもかかわらず、視聴率があまり良くなかったためそれ以上注目されることはありませんでした。

限界突破!

2010年、10年という節目が過ぎたチョ・ヨジョンさんの女優人生、自分自身を限界突破させなくてはいけない。

そう挑んだ映画「房子伝」。今までのかわいらしいイメージしか持っていない人々は、ボスターが公開されると同時に彼女の魅力に目が釘付けになりました。
今までの彼女とは違う挑発的な魅力に誰もが目を奪われてしまったのです。

そう、彼女は生まれ変わったのです!

今までの休息期から大人の魅力を開花させ、彼女の内部に秘めた本当の姿がようやく世間に認められたのです。

その後は、官能映画「後宮の秘密」にて主演を務め。彼女の魅力を爆発させ、役者魂を注ぎ込みます。

この映画は2012年に公開され、なんと、1日だけで27万人もの観客を動員し、韓国映画史上初のオープニング動員数を記録しました。
そして、この「後宮の秘密」により、2つの賞を獲得。

第31回青龍映画賞 ・人気スター賞(韓国のアカデミー賞と言われています)
・富川国際ファンタスティック映画祭 – ファンタスティックアワード 主演女優賞「後宮の秘密」


スポンサー

資生堂のイメージキャラクターにも

韓国資生堂のイメージキャラクターを務めるチョ・ヨジョン
<写真引用: SHISEIDO KOREA>

2017年、韓国資生堂が女優チョ・ヨジョンさんを新しいアンバサダーとして抜てき。

ナチュラルメイクをもとに健康的な純白な肌を持ち合わせ、なおかつ、生き生きとした赤い唇をポイントとして、春のさわやかなメイクアップを完成させました。
韓国資生堂はチョ・ヨジョンさんのことを、韓国の芸能界を代表する「肌美人」と評しています。

そんな、チョ・ヨジョンさん、現在では多数の企業の広告モデルを務め引っ張りだこである。

今が旬の女優さんとなられました。


GRAzIAで表紙を飾るチョ・ヨジョン
<写真引用:GRAZIA>

365日のうち360日はダイエット!

2019年に韓国のSBSの芸能情報番組『本格芸能真夜中』でのインタビューでの一場面。

チョ・ヨジョンさんはある映画を見たとき「こんな風に生まれてくるのが、どれほど大変か」というセリフに感銘を受け、「せっかく(両親が)綺麗に産んでくれたのだから、私がしっかりと管理しないといけないという気持ちが少しあるようだ」と話しています。

そして、「365日のうち360日はダイエット」だと言い、自分の体の管理を徹底しています。

また、ファッションマガジン『GRAZIA』では体脂肪率を極限にまで落とした綺麗な筋肉美を見せつけた。

彼女のこの美しいボディラインは、タンチュプレイと呼ばれるエクササイズによるものだとか。
タンチュ(TANZ、無用)とプレイ(PLAY、演劇)を合わせた造語で、現代舞踊のヨガとピラティスを組み合わせたものです。

また、ジョギングやヨガ、ナッツを食べたり、水を2リットル飲むなど、体系を維持するためらな何でも取り入れる力の入れようです。


そして、「パラサイト 半地下の家族」への抜てき

チョ・ヨジョンさんは「パラサイト 半地下の家族」」でグローバルIT企業の社長夫人を見事に演じ切りました。

彼女の役どころは、この物語を動かす重要な要をになっていている。
また、人を簡単に信用し疑うことを知らないピュアな人柄。

子供たちのためにも家庭教師を雇い、裕福な環境でもお高く見せない、愛嬌たっぷりの社長夫人を演じてくれた彼女を、ポン・ジュノ監督はほれ込んだそうです。

彼女は「自分と同じ年代の女優さんが、何かを示せれる映画が少ないので、出演できてうれしかったです。ポン監督が新しい姿を引き出してくれるようで、良かった。」と話しています。

そして、ポン・ジュノ監督は彼女の事を「ダイヤモンドの原石のような」と称し、彼女の底に秘めた物を引き出したかったようです。


アカデミー賞授賞式で高価なネックレスを付けるチョ・ヨジョン
<写真引用:DAMIANI>

ついに、この瞬間が!1800万円のネックレスと共に

そして、ついに、2020年2月9日アカデミー賞に「パラサイト 半地下の家族」が作品賞を含め4冠を獲得、歴史に残る一瞬が訪れました。

私もカナダにおいて、生中継のテレビの前で釘付けになりました。次々にこの作品が受賞していくたびに、興奮したことを覚えています。

この作品は様々な国で様々な賞を獲得し、人類史上まれに見ぬ作品であると思います。

授賞式に出席した彼女はイタリアを代表するジュエリー会社「DAMIANI」のMimosaコレクションのネックレスで、2億ウォン日本円で約1800万円相当の物だということです。

既に各国から注目されているチョ・ヨジョンさん。ハリウッドレポーターのアカデミー賞予想で、なんと、助演女優賞候補として名前が挙がったそうです。彼女の勢いは止まりません。

韓国でも彼女はパラサイト関連の賞を多数獲得し、韓国のアカデミー賞と言われる「青龍映画賞」で 主演女優賞にも選ばれました。

さらに、世界に8000人いるアカデミー会員の中の一員として「パラサイト」の俳優・スタッフ12名が選ばれました。

もちろん、その中にはチョ・ヨジョンもいますよ。ちなみに、ポン・ジュノ監督は既に2015年に会員に選ばれています。


さらなる、飛躍を求めて

2020年10月から放送予定のKBS2の「浮気したら死ぬ」の主人公に抜てき。コ・ジュンと共演。

残忍な殺人事件を描くベストセラー小説家の役を演じます。


パラサイトのキャスト|母親役を見事に演じるチャン・ヘジンさん

まとめ

なかなか芽生えなかった芽を一気に成長させ開花させたチョ・ヨジョンさん。

「パラサイト 半地下の家族」の恩恵は大きいと思います。

今後の活躍が大いに期待されますね。

U-NEXT
韓国、アジアのドラマが1000本以上もある国内で最も多い数を有するU-NEXT。
無料トライアルが31日間もあり、じっくりとお試し視聴ができます。もちろん、途中で解約できるので、安心です。この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサー
parasite
最新情報をチェックしよう!